入試情報

書類の審査・小論文・面接を評価する
学校推薦入試(公募制)・AO入試

学校推薦入試(公募制)・AO入試

学校推薦入試(公募制)、AO入試の選抜方法を紹介します。
それぞれの入試区分では「書類審査」、「小論文(基礎学力を問う問題含む)」、「面接」の3つを評価しています。
評価の方法は、学校推薦入試は3項目を平等に得点化するのに対し、AO入試は面接を重視するという違いがあります。
それでは、各項目について、詳しくみていきましょう。

面接対策

1~3名ずつ面接します。面接官は3人。1グループ15~20分程度で面接を実施し、志望動機や意欲、目的意識、コミュニケーション能力をチェックします。言葉遣いや態度、身だしなみも評価ポイントです。

面接対策として、行うとよいことはありますか?
先生や友人、家族や地域の人などとコミュニケーションをしっかりとる練習を普段からしておきましょう。また、いろいろな情報を整理し、自分なりの考えを持ち、話す練習も必要です。

小論文対策
(基礎学力を問う問題)

本学の小論文は基礎学力を問う問題を含む形式です。そのため基礎学力を問う問題に加えて、作文が出題されます。試験時間が90分なので、各問題はできるだけ早く解答し、作文の時間をしっかり確保しましょう。

詳しく見る

出題項目

学科 試験科目
臨床検査学科
放射線技術学科
必須解答項目
英語 / 数学 / 作文
選択解答項目
物理基礎・化学基礎・生物基礎から2科目を当日に選択
看護学科
必須解答項目
英語 / 国語 / 作文
選択解答項目
数学・化学基礎・生物基礎から2科目を当日に選択

基礎学力を問う問題の出題範囲

科目 範囲
英語 コミュニケーション英語 I
数学 数学 I / 数学 A
国語 国語総合「古典(古文・漢文)を除く」

※ 物理基礎、化学基礎、生物基礎は全範囲

小論文対策(作文)

自分なりにテーマを設定して、400字で作文を書く練習をしておきましょう。
書いた作文を先生や保護者などに読んでもらい、自分の表現した内容を読み手に伝えることができたか、誤字・脱字はないかなどアドバイスを受けるとよいでしょう。

詳しく見る

昨年度の出題例

  • 仕事内容について
  • 医療人として大切なこと
  • 医療人の社会的役割

※出題テーマは学科によって異なります。

作文問題のポイント

  • 1
    段落構成をしっかり練る、明確な文章を書く
  • 2
    文字は丁寧に書く
  • 3
    誤字・脱字をなくし、常識的な漢字表現をする
  • 4
    指定された最大字数(400字)にできるだけ近づける

入試日程

入試情報

  • 学校推薦入試(公募制)・AO入試

  • 一般入試・センター試験利用入試・センタープラス入試

  • 岐阜医療科学大学 入試のポイント